ベルタ葉酸サプリ 副作用

ベルタ葉酸サプリに副作用はある?成分は?

ベルタ葉酸サプリ,副作用

ベルタ葉酸サプリは妊娠したいとき、妊娠したときに飲む葉酸サプリ。どちらも赤ちゃんにとって大事な時期ですので、口に入れるものは気を付けたいものです。

 

「そんなときにサプリなんて飲んで大丈夫?」という不安もありますよね。

 

そこで、ベルタ葉酸サプリの成分をチェックしたいと思います!

妊娠中に摂取したい主な成分

ベルタ葉酸サプリ,副作用

 

葉酸(4粒当たり400μg)

まずはもちろん葉酸です。厚生労働省は、妊娠1か月前から妊娠3ヶ月くらいまでの間、バランスのとれた食事に加えサプリメントから葉酸を摂取することを推奨しています。推奨量は0.4㎎(400μg)なので、ベルタ葉酸サプリでちょうど摂取することができます。

 

鉄分(4粒当たり20mg)

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんに優先的に鉄分が使われるので、ママが鉄分不足になりがち。妊娠中期~後期にかけては、一般女性の約2倍近い20mg程の鉄分が必要になりますので、この配合量なら安心ですね。

 

カルシウム(4粒当たり232mg)

妊娠中は一般女性の1.5倍の900mgが必要となります。 カルシウムは普段の食事からも摂取しやすい栄養素なので、ちょうどいい配合量と言えるでしょう。妊娠中のカルシウム不足は、後々の骨密度低下につながってしまいますので注意。

 

ビタミンやミネラル、美容成分

上記で紹介した3つの成分以外にも様々な成分が含まれています。 葉酸を摂りながら美容成分も摂れるって、嬉しいですよね。一石二鳥な感じです。

 

そもそもベルタ葉酸サプリは薬ではないので副作用はありません。1日4粒を守っていれば問題ないです。

 

妊娠中は葉酸が必須。赤ちゃんの先天性障害を防ぐために、しっかり葉酸を摂取しましょう。海外では小麦粉などの穀類に葉酸を添加する国が約80ヵ国あります。そのおかげで先天性障害が3~5割減ったという報告も。葉酸不足にならないように栄養管理をして、しっかり赤ちゃんを守りましょう。